さだまさしさんを名古屋に呼ぼう!の発起人①

2014年4月25日(4/25は私にとって、20年前から運命の大転機の日だったはず!)

『さだまさし4000回ライブコンサート』どうしても行きたくて、前後の仕事を調整しつくして!

ダッシュ!!車で送ってもらい、新幹線に飛び乗り!

東京までめったにしない単独行動、

単身、飛んでいった・・・春。

ひとり、あわただしく、やっと、ライブファンに仲間入り。

(会場前で相談電話を受けたっけ・・・!なんと、その女性、先日、赤ちゃん誕生!)

 

4000回記念ライブではなく、実は、追加公演・・・

でも、

ライブは想像以上の楽しさで、大大満足!!

オープニングからの「盛り上げ」は、

さすが、さだまさしパワーだった!

人を思いっきりひきつけ、

3時間近く全く飽きさせず

退屈させないエネルギーに感動!!

最終電車に間に合うよう、帰り道も、また、ダッシュ!!

ライブの余韻を抱えて、、

東京駅発最終の新幹線に滑り込み!

ああ! 良かった! 楽しかった! 満足! 満足×10!!!!!!!!!!

 

でも、

そこで、止まらない次の発想!

もっとchanceないかな!?

欲張りなんだ・・・わたし。

ここで終わらないのが

前田弘子の暑苦しさなんだなぁ~

どうしても「直接、話がしてみたくなった!」

そうだ!さださんを名古屋に呼びたい!

名古屋に来てもらうには・・・

アポとらなくちゃ!

どうやって?

芸能人・歌手・タレント・俳優・・・

テレビの向こうの人との縁は皆無

周りの人には、人脈が財産!

と云いつつも、

自分の人つながりの乏しさを実感(ションボリ?!)

 

いえいえ、動くことです。

行動してみる事!と。

来院されるお母さんたちに

アタック!

さださんかぁ!、雲の上の人・・・

芸能関係は・・・

かかわりのある人には、辿り着けそうな人はいない?

聞いてみるけど、期待薄いよ・・・

なかなか、手応えもなさそう。

う~~~~ん。だんねんかぁ~。

 

ライブでなくて、講演活動で考えてみたら?

やっぱり、高校時代の友人は当てになる

良いideaを提供してくれた。

Oクン曰く、彼のような歌の大物は、

「歌では呼べないヨ!」

何せ、ライブがプレミア付きで、完売する人なんだからネ!

 

人の集まりそうなところ、

費用の捻出可能なところ

わたしのような隠れファンは絶対全国には

山ほどいるはず!

多くのファンが居てくれるところに

来てもらえないか?

「想いがあればどこへでも!」

紀伊半島の山の中?

もちろん東日本の震災応援には、

力を入れて、何度も足を運んでいるとの情報あり

「被災地の方々がもうほっといてくれよっていうまで応援しよう」と。

フットワークが軽い

想いを行動に移す

すぐそこにも来てくれそうな・・・

などなど

口惜しい情報だけが入ってくる

 

おりしも、毎年参加している

夏の『愛知サマーセミナー』(2014/07/19・20・21)

恒例の祭典は、第26回目!

ソウカ!これはいい!Good idea!

『サマーセミナーによべないかな?!』

懇意にしている父母懇のMさんに声をかける

え~(反応は、やや↓ぎみ・・・ )

「今の中高生のままの世代は、あまり知らないかも・・・」

「さだまさし」の年代的な認知度の差?彼女の周囲の環境?

ちょっとめげつつ、

仕事つながり仲間で、

暑苦しい人にも付き合えるいのちの樹PJの同志

某会社社長Tさんに連絡!

「ちょっと、むりじゃない?」

との反応、でも、少し動いてくれそう!

サマセミの企画について情報提供をうける(サンキュウ!)

・・・

・・・

時間の経過とともに・・・

少しテンション下がり気味

仕事も忙しく

さださんの償い・サナトリウムに唸る日々

毎日といっていいほど

さだまさしコレクションは耳にしているものの

 

 

第一話はここまで・・・「とき」をまつ心境

2015/02/17朝